《スパイス・ハーブの効用》について!

2020/11/14 ブログ

こんにちは😊

朝晩の冷えこみが厳しくなってきました😣

体調を崩さないように気をつけて下さいね😌

さて今回は、洋風の肉料理などには欠かせない

《スパイス・ハーブの効用》について紹介します✨

*スパイス(香辛料)

主に熱帯・亜熱帯・温帯地方で採れる

植物の種子や果実・葉・茎などを乾燥させて

つくられるもので、特有の刺激性の香味をもちます✨

*ハーブ

芳香性のある香草でつくった葉茎系スパイス

のことを呼んでいます✨

効用としては4つあり

①魚や肉の臭み消し・・・ガーリック・ジンジャー・

タイム・セージ・オレガノ・ローズマリーなど

②香りづけ・・・バジル・セロリ・シナモン・ナツメグなど

③辛味づけ・・・ブラックペッパー・マスタード・ガーリックなど

※辛味や香りにより、舌や鼻を刺激して、食欲を増殖させます

④色づけ・・・カレーの黄色を出す〈ターメリック〉

やパエリアの黄金色を出す〈サフラン〉など
 

その他にも・・・

*肉を長持ちさせるための抗菌・防腐作用

*脂肪分を多く含む肉類や魚介類の、

品質保持のための酸化防止作用

などがあるそうです😊

お料理の際など参考になれば幸いです✨

皆様のご来店お待ちしております✨