ひき肉をよくこねる理由について!

2020/11/08 ブログ

こんにちは😊

今日も太陽の日差しがあり、"ホッ"とする1日でした😌

さて今回は、ハンバーグなどを作る際になぜ

『ひき肉はよくこねる』と言われる理由について

紹介させていただきます😌

生肉中の《ミオシン》と《アクチン》というたんぱく質は

結びつくと粘着力が強くなります✨
 

しかし‼️たんぱく質は熱を加えると凝固して、

粘着力を失ってしまいます😅

そのため、ハンバーグなどひき肉を使う際、

あらかじめ十分ねって組織を壊し、

たんぱく質が結びついた状態にしておくと

丸めて加熱した時も、全体が一つにまとまるとのことです✨

料理の際の参考になれば幸いです😊

9日(月)は定休日のため、

お休みとさせていただきます😌