《穀物》に含まれる塩分量は?

2020/10/23 ブログ

こんにちは😊

天気予報通り、朝から雨でした☔

太陽の日差しが恋しく感じます😅

さて今回は【穀物】に含まれる《塩分量》

についてお話させていただきます。

【穀物】といえば、主食になるごはん・パン・うどんや

そば・パスタなどが挙げられるかと思います。

その中には、

『塩分がないように見えて、そんなにあるの⁉️

という食材もあります💦

例えば・・・

・干うどん・・・(約100gを茹でた場合) 1.3g

・干そば・・・(約110gを茹でた場合) 0.4g

・干そうめん・・・(約70gを茹でた場合) 0.4g

・乾燥スパゲティ・・・(100gを茹でた場合) 1.0g

うどんやそばなど、干した麺類は

茹でると塩分がいくらか抜けますが、

乾燥スパゲティなどのパスタ類は、

麺自体には塩分を含みませんが、

茹でる時に塩を加えるため、

その一部が茹で上がりの塩分に

プラスされてしまうとのことです😣
 

パスタ類に塩を加える理由は麺がしまり、

コシが強くなるからです✨

塩を加えないで茹でると、粘りが少なくなり、

麺が切れやすいので、おいしく茹でるには

塩が欠かせないと思います。

合わせるソースなどの塩分を、

少し控えめにしてみてはいかがでしょうか😌

皆様の健康のためにも、参考になれば幸いです✨

 

週末も通常営業しております❗

ご来店のお席の空き状況など、

お知りになりたい方はお気軽にお問い合わせ下さい😊

皆様のご来店お待ちしております😄