今が旬☆春菊の栄養

2019/11/27 ブログ

こんにちは

冬が近づいてきましたね(^_^;)

体を温める食事をしたいですね!

さて今日は香りも良く、

お鍋や天ぷらの具材として利用される

今が旬の"春菊"の栄養について

お話させていただきます(^^)

春菊に含まれている栄養素には…

①βカロテン

体の中で"ビタミンA"に変わり、

体を酸化から守る作用があります。

②ビタミンC

肌を健康に保つため、また、風邪予防に大切なビタミン

③カルシウム

ご存知だと思いますが(^^;

骨を作るために欠かせない成分です。

骨粗しょう症の予防には大切な栄養素です。

④鉄

全身に酸素を運ぶ働きを持つ赤血球を作る成分です。

貧血予防には大切な栄養素です。

⑤葉酸

鉄と同じく、全身に酸素を運ぶ赤血球を

作るために必要な栄養素です。

葉酸が不足している状態で鉄分を

摂って中身をしっかりさせても、

表面を覆う部分が薄いため、

赤血球が上手く作られず、

酸素が運べない状態になるために

貧血が起きてしまいます。

成長を促すという効果もあるので、

特に妊娠中の方には大切な栄養素です。

 

また、春菊の香り成分"ペリルアルデヒド"には

胃腸の調子を整え、自律神経にも作用し

気持ちが落ち着くという効果もあるそうです(^^;

ちょっと苦手(>_<)という方も

いらっしゃるとは思いますが、

今が旬の春菊を食べて寒い季節を乗りきりましょう(^^;)